簡単に自作ハイスタイルキッチンテーブルを作る方法

インスタグラムなんかを見ているとおしゃれなキャンパーさんはもれなく(それは言い過ぎか…)、キッチンテーブルを自作しているように思います。

しかも、ハイスタイルの方が腰をかがめなくていいので、調理は断然楽で魅力的ですよね。

自分でも作れるのでは…

強度自体はやや劣るかもしれませんが、早速作ってみました。

それでは、レシピを公開してみたいと思います。

使用するもの

・木材(サイズ:45×1950×厚み14mm)

素材は桧材がおすすめ(狂いや反りが少ないので…)です。

しかしながら、桧材はお高いので、今回は杉材を利用して作ってみました。

・棚板

今回の脚の寸法では…キッチン脚の上に乗せる板の幅は400mm、

二段目、三段目については300mmとなります。

お好きな素材の物をチョイスしてください。(重くて、反りがあるものはおすすめしませんが…)

・ネジ
太さ3.5、20mm:板と板をつなぎ合わせるのに使います。

板の厚みは重ねて28mm程度なので、それよりも短いネジを選択してください。

1つの脚に24本使用しているので、全部で48本と必要となります。

太さ4、10mm:蝶番の固定に使います。
16本使用します。

太さ3~4、10~20mm:チェーンを取り付ける際に必要です。

4本使用します。

・蝶番
ステンレス蝶番51mmを2枚使用します。

元々ついているネジは長すぎるので使用しません。

蝶番は10mmのネジで固定します。

・チェーン

テーブル脚を広げた状態で固定するために使います。

・その他
ボンド、ゼリー状接着剤、ドライバーなどの一般的な工具は必要です。



ステップ1 木材カット

キッチンテーブルの脚の部分は寸法に狂いが出ると、シワ寄せが来ますので木材カットをおすすめします。私はコーナンで木材を購入し、カットをお願いしました。

なぜコーナンなのかというと…

コーナンアプリがあれば、10カットまで無料というキャンペーンをやっているのでお得だからです。(やっぱり、できるだけ安く作りたいですよね)

木材カットの寸法

ステップ2 板をボンドでつなぎ合わせる

結構大切な工程です。

部屋の角などを使いながら行えば、ズレも少なくつなぎ合わせることができそうです。

下図のようにつなぎ合わせました。

二段目、三段目は好きな高さに設定してください。

強度面を考えると、三段目は極力低い位置に取り付けることをおすすめします。



ステップ3 ネジしめ

まずは、下穴開けをしましょう。

当たり前かもしれませんが、下穴をあけないと、ネジを取り付ける際に木が割れる可能性が大なので注意してください。

次に、ネジしめをします。

今回は、斜めに2本ずつ取り付けることにしました。

電動ドライバーがあれば、効率よくできそうです。

ステップ4 蝶番の取り付け

蝶番を取り付けます。取り付け位置に決まりはありません。

木材と木材の間は密着させずに、蝶番の軸の幅のスペースを空けるように注意してください。

ゼリー状の接着剤を使用すれば、取り付け位置がズレにくく、安定してネジしめができます。



ステップ5 チェーンの取り付け

脚の開き具合に注意しつつ、好みの開き具合に合わせて、チェーンを取り付けてください。

ネジの指定は特にありませんが、太さ3~4、10~20mm程度の長さで十分だと考えます。

完成

脚の出来上がりはこんな感じになります。

あとは、好みの棚板を乗せれば完成です。

完成品はこうなりました。

ちなみに、2段目の高さは内側と外側で変えておけば、段差がついて意外に便利です。

今回は、ハイスタイルキッチンテーブルのレシピを公開させてもらいました。

正直、強度は怪しいです。気になる方は板を分厚くしたり、補助金具をつけるなどの対策も有効なのかもしれません。

まだまだDIY初心者なので、作り方に不備などがあるかもしれませんが、参考になれば幸いです。